【2024年7月】東横インに安く泊まる方法は?セールや安くなる時期は?

東横イン 安く泊まる方法

この記事では、東横インに安く泊まる方法について書いています。

朝食が無料になることで有名な東横イン。

ご当地グルメを朝食に採用している店舗もあり、サービスの一部をSNSで知ることができます。

今回は東横インに安く泊まる方法を紹介していきます。

おすすめのセールやキャンペーン情報も詳しく載せているので、どうしたらお得に泊まれるのか一目で分かりますよ!

東横イン公式サイト「公式HP割」で最大400円割引
「東横INNクラブ」に入会で宿泊費5%OFF
初めて東横インを利用する方にもおすすめ
Yahoo!トラベルオンラインカード決済で10%のPayPayポイント付与
Yahoo!ショッピングと併用したい人にもおすすめ
じゃらんnet口コミ投稿で毎月50名にじゃらん限定5,000Pが当たる
リクルートID登録でPontaポイントまたはdポイントが貯まる
複数サイトのポイントを貯めたい人におすすめ
楽天トラベル楽パック(航空便+宿泊費)利用で5%OFF(1人1泊2000円まで)
ふるさと納税対象店舗は寄付金額の最大30%のクーポン配布
楽天市場と併用したい人におすすめ
JTBJAL便限定、国内ツアー航空+宿で最大30,000円割引
実店舗もあり、サポートが充実しているので旅に不慣れな人におすすめ

東横インに安く泊まる方法

東横イン 安く泊まる

それでは早速、東横インに安く泊まる方法を紹介します。

  • 東横INNクラブカードに入会する
  • JRや飛行機のツアー旅行を予約する
  • キャンペーンを利用する
  • セールやクーポンを利用する
  • 閑散期を狙う

東横INNクラブカードに入会する

東横INNクラブカード」とは東横インが発行している会員カードで、東横インと加盟店のみで使用ができます。

クレジット機能がついていないので、クレジットカードの枚数を増やしたくない方も入会しやすいですね!

カードの入会はチェックイン時に行いますが、チェックアウトまでにカードが出来るので、その日から特典を受けられます。

宿泊当日の手続き時間を減らしたい方は、公式サイトからの事前申込みがおすすめ。

事前申込した時に発行される「申込No」は忘れずに控えてくださいね!

「東横INNクラブカード」に入会すると、宿泊料金が5%割引になったり、その他たくさんの特典を受けられます。

〈東横INNクラブカードの特典〉
  • 宿泊料金5%OFF
  • 条件達成で無料宿泊券がもらえる
  • チェックインの手続きがスムーズ
  • 6カ月前から宿泊予約可能
  • 15:00からチェックイン可能
  • カードとルームキーが併用できる
  • ゴルフ1プレー無料
  • 他施設での割引などの優待あり                                       (引用元:東横イン)

入会金は1,500円かかりますが、年会費などはかかりませんよ。

ただし、「東横INNクラブカード」と割引キャンペーン・プランは併用できませんので、注意しましょう。

わたしが今回「東横INNクラブカード」をおすすめした理由は、宿泊料金がお得になることはもちろんですが、6カ月前から宿泊予約ができるからです。

会員ではない方よりも1カ月早く予約ができるので、GWやお正月をホテルでゆっくり過ごすことも夢ではないでしょう。

お出かけの機会が多い方は、東横インで「東横INNクラブカード」の入会を検討してみてくださいね。

JRや飛行機とのツアー旅行を予約する

ツアー旅行とは、交通費+宿泊費がセットになったプランを、旅行会社が商品として販売しているものです。

〈ツアー旅行が予約できるWebサイトの一例〉
  • 東横イン公式サイト 
  • Yahoo!トラベル
  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • JTB

ツアー旅行は個人旅行に比べてお値段が安くなる傾向があります。

JTBの新幹線+宿泊費プランを例にみていきましょう!

〈新大阪→東京駅〉

ツアー旅行:31,000 円

個人旅行:37,926円(10,186円(宿泊費)+27,740円(交通費))

日にちやホテル、新幹線の種類、宿泊人数の全てを同じ条件で調べたところ、ツアー料金は6,926円とお得でした。

また、ツアー旅行は交通の手配や宿泊予約を、一から自分で行う必要がないので、忙しくて旅行手続きを行う時間がとれない方にもおすすめですよ。

キャンペーンを利用する

旅行会社はそれぞれ独自のキャンペーンを行っています。

定期開催・不定期開催のキャンペーンがありますが、不定期開催の方が期間が決まっているので、お得なように感じます。

ここでは、各旅サイトが行っているキャンペーンの一例を紹介しますね。

東横イン公式サイト「北海道・東北限定」早割最大15%OFF
「学割プラン」学生いつでも10%OFF
「ミッドナイトタイムサービス」23時以降の空室は最大43%OFF
Yahoo!トラベル人気の宿全プラン20%以上お得
「いつでも宿泊予約」PayPayポイント最大10%付与
じゃらん「じゃらんのお得な10日」に最大10,000円分のクーポン配布
「大分限定」最大リクルートポイント5,000Pが当たる
楽天トラベル「得旅キャンペーン」でポイント最大15倍(上限10万P)
「5と0」のつく日の早期予約は最大20%OFF
JTB3,000名にトラベルポイント5,000Pプレゼント
限定100名に北陸名産品プレゼント

特におすすめしたい旅行サイトが「Yahoo!トラベル」です。

「Yahoo!トラベル」のキャンペーンで、付与率が上がったPayPayポイントを旅行の割引に充てるといった使い方ができます。

付与されるポイントが予約時にすぐ使えるのは「Yahoo!トラベル」だけなので、今予約している旅行を割引したい時には使わない手は無いですよ。

なお、各キャンペーンは随時更新されるので、タイミングや条件があえば、驚くほどお得な旅にであえることも。

いつもより特別な旅を楽しみたい方はキャンペーンをチェックしてみてくださいね。

今だけキャンペーン実施中♪

Yahoo!トラベル

セールやクーポンを利用する

旅行会社の公式サイトでは、定期・不定期にセールやクーポンの配布が行われています。

わたしのおすすめは楽天トラベルスーパーセールです。

楽天トラベルスーパーセール」は、年に4回行われている楽天トラベルの目玉ともいえるビッグセール

最大半額以下になるSALEプランの販売や、日替わりクーポンが毎日配布されるなど、コスパがとても良いのが特徴です。

〈楽天トラベルスーパーセール〉
  • 3月と6月、9月、12月に開催
  • 通常価格の最大半額以下のSALE
  • 3人以上の予約で最大3,000ポイント還元
  • 国内ツアーで使える最大30,000円クーポン配布

セールやクーポンを上手に活用して、なんども旅を楽しみたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

どこよりもお得に旅行ができる♪

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

閑散期を狙う

閑散期とは1年のなかで最も人が少ない時期のことで、お正月が終わった1月から2月や、梅雨の時期、大型連休が終わった後のことを指します。

閑散期は人が少ないので、集客目的でホテルの宿泊料金も安くなりますよ♪

例えば、じゃらん8月お盆の時期の1泊宿泊料金は15,226円でしたが、6月の予約を見てみると下記のようになります。

〈東横INN京都四条大宮 スタンダードプラン 禁煙ツイン1部屋 2名〉

東横イン公式サイト10,200円1泊:1P
Yahoo!トラベル※9,308円PayPayポイント:3,612P 
じゃらん10,920円じゃらんポイント:1%Pontaポイント:1%
楽天トラベル9,828円楽ポイント:90P
JTB10,920円トラベルポイント:109P
※PayPayポイント3,612P即時利用後の金額

閑散期のほうが4,306円お得な結果に。

また、閑散期の旅行サイトの比較では「Yahoo!トラベル」が一番安い結果でしたが、予約時に即時ポイント利用を選ぶことで割引が行えたからでしょう。

閑散期はお得に旅行ができて、なおかつ人も少ないのでいいことづくめです。

コスパが高い旅を楽しみたい方は、閑散期の旅行がおすすめですよ。

今だけキャンペーン実施中♪

Yahoo!トラベル

東横インを予約する時の注意点

東横インを予約する時の注意点をまとめました。

ツアー旅行は新幹線や飛行機の便が時間指定される

ツアー旅行は交通に時間指定があるため、好きな時間に出発するというのは難しいでしょう。

指定された時間の中から、往復路の時間を選べますが、ツアーの金額内で選べるのは乗車率が少ない早朝や、昼間の時間帯が多いです。

さらに気を付けたいのが時間指定した便に乗り遅れないこと。

JTBのホームページに新幹線・JR列車に乗り遅れた場合の注意書きがありました。

乗車時間に乗り遅れた場合、「同日の同種以下の後続列車自由席」を利用できると記載があった場合でも、後続列車に自由席がない場合は原則ご利用いただけません。

引用元:JTB

要するに、新幹線「のぞみ」の指定乗車時間に乗り遅れてしまった場合は、「のぞみ」「ひかり」「こだま」の自由席には乗車可能ということです。

ただし「のぞみ」は繁忙期に、自由席が全席指定席に変更されることもあるので注意が必要です。

ツアー旅行はお得に旅行できますが、その反面、時間の融通が利きにくいデメリットもありますね。

メリットとデメリットを理解した上で、選ぶ際の参考にしてください。

朝食処が大混雑する可能性がある

東横インは無料で朝食が食べられるサービスが大好評ですが、GWやシルバーウイークなどの大型連休中は、食事処が大混雑する可能性があります。

朝食提供時間は、6時30分〜9時までのビュッフェ式の食事提供をしている店舗が多く、この時間内であればいつでも食事ができるスタイルです。

時間指定がないので自由が利きますが、人が増える繁忙期は食事に時間がかかることも考えられますね。

ただし、コロナの対策として、食事を部屋に持ち帰って食べるサービスも始まりました。

朝食処が混雑した時は、お部屋での食事を検討してみると良いでしょう。